漫画オタクの辛口感想ブログ

漫画オタクが色々な辛口感想を書いていく自己満足ブログです。

テラフォーマーズ 5巻 感想2 嫁を電撃で爆破したい

テラフォーマーズ5巻のドイツ班が追い詰められてからテラフォーマーズ 5巻 感想1 哀れさNO1のアドルフの続き。

前記事を公開したのが2015年07月27日だから自分で言うのもアレだけどこんなに間が空くとは思わなかった。
もし待っていた人がいたならば申し訳ない。
そしてネタバレ注意。

81aac5b9.jpg

スポンサードリンク
 



5891dee8.jpg
アドルフの絶望から巻き返しが始まるシーン。


5786b263.jpg
このページアドルフが熱くてかっこよすぎて震える。痺れる。
現時点ではテラフォーマーズで一番好きなシーン。




p0078
(自主規制)
とてもカッコいい。
なのに勝てず報われない。


48db0621.jpg
アドルフは「もう嘘をつかないで生きよう」なんてささやかな願いすら適わないからこのシーンはとても切ない。



d84365c1.jpg
ドイツ班はアドルフの為に命懸けでテラフォーマーと戦ったり、班全体がとても仲が良かったみたいだしエヴァも気弱とはいえ仲間思いの献身的な女の子だし、アドルフの人生に全く救いのないまま終わった訳ではないのかな。
そうだと信じたい。

でもなぁ…。

仲の良い両親をバグズ手術の失敗で失う。

軍に当時実験段階だったM.O.手術のモルモットにされる。

過酷な実験を受け続け監視の目を掻い潜ってどうやって死ぬか、を考え続ける日々。

愛する女性と出会い人間にしてもらう。

その愛する女性と結婚するものの嫁に不倫托卵の最凶コンボをくらう

勝手に火星に行くことを決められる。

中国班の裏切りに合い、テラフォーマーの大群と戦う。

テラフォーマーに敗北し体内の爆破装置で他の班員諸共爆死。


アドルフの人生を簡単にまとめてみたけど…アドルフ哀れ過ぎ…笑えない…。
この悲劇性と哀れさは作中NO1。
他の苦しい人生を歩んできたキャラクターなんか比にならない。
これで嫁がまともなら彼にも十分救いがあったのに。

アドルフ嫁の裏切りがあるからアドルフの悲劇性が際立つのは分かってるんだけどアドルフに「お前の愛していた嫁はもう死んだんだ」って伝えてあげたい。
もう本当アドルフ嫁を電撃で爆破したい。

(このブログを読んでいる男性に子供が生まれたら奥さんには内緒でこっそりDNA鑑定した方がいい、絶対に。
子供が大きくなってから托卵が発覚したのでは人生に取り返しがつかないことになりかねない。

こっそり鑑定なのは女側からするとDNA鑑定する = 嫁を信頼してないってことだから嫁に詰問されるなど関係に問題が生じかねないため)


アドルフは作中屈指の哀れさで生き残って幸せになって欲しかった。
ドイツ班のその後のことはまた今度感想に書く。多分。

最後に私は心の中でも現実でもアドルフのことはさん付けしてるからこの記事でもアドルフさん呼びしようかと一瞬思ったけど今までの記事でずっと敬称を付けてこなかったから辞めた。
一応書いておく。
※漫画オタクの二次元感想ブログは心からアドルフさんを応援しています。




新年あけましておめでとうございます。
しょっぱなからこんな記事になってしまいましたが、このブログを見てくださっている方には本当に感謝しています。

漫画も大量に読んでいるので今年は最低でも月1ぐらいは更新していけるようにしたいです。

スポンサードリンク