読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画オタクの辛口感想ブログ

漫画オタクが色々な辛口感想を書いていく自己満足ブログです。

黒子のバスケ 275話 最終回 ネタバレ感想 黒子のバスケに愛を込めて

黒子のバスケ

黒子のバスケ275話であり最終回「何度でも」の感想を自分なりに書いていく。
ネタバレ注意。

20140901021314dba
275話で遂に最終回がやってきた。
まず275話の感想をいつも通り書いてその後に最終回としての感想を書いてみる。

スポンサードリンク
 

 

赤司

c8131b6f.jpg
赤司の言う「オレ達」というのは実渕、葉山、根武谷の無冠の3人、そして僕司かな。

黛は3年だから来年以降は同じチームでは戦えない。
だから一言何か言ってほしかった。

俺司は僕司と共存していく道を選んだ訳か。
二人の関係性の結末としてはこれ意外無かったんだろう。

これから俺司と僕司がどんな関係を持っていくのか見てみたかった。
まぁ推測・考察するのも面白いからいいか。



木吉

d611191c.jpg
アメリカで優れた医療を受けており誠凛からはフェードアウトしてるみたいだ。
もうバスケ人生が完全に終わった、なんて残酷な結末にならなくて良かった。


5a089fb7.jpg
木吉は英語話せるはずだし人柄も穏やかな好青年だしアメリカで友人を沢山作りそうだ。
怪我が完治したらアメリカでプロになったりするのかな。



その後

581be137.png
WCの後、誠凛は二連覇を目指して突き進む。  

青峰はちゃんとチームプレイするようになって恐らく第二のゾーンの扉を開けるんだろう。

赤司は俺司と僕司が共存していくんだろうし、黄瀬も緑間も全国制覇をチームメイトと目指して努力していくに違いない。

この作品が終わっても彼らの人生が終わるわけではないしそう悲観する理由はどこにも無いんだろう。



最終回

274話の感想では終わって欲しくない!!と書いたんだけど275話を迎えるまでに最終回ということが分かって
気持ちの整理がついて、最終回を落ち着いた気持ちで迎えることが出来た。


全ての伏線を回収して最初から決められていた目標を達成してこの作品はこれ以外の結末が無い理想の最終回に辿り着いた

それは競争が非常に激しい週刊少年ジャンプで連載を続けることが出来た結果だから本当に凄いことだし読者としても凄く嬉しい。


私は黒子のバスケという作品に出会って面白くて焦らされてハラハラして燃えて黒子のバスケの感想を通して読者さんにも出会えて、私はこの作品からとても幸せな気持ちを沢山貰った

間違いなく私の中の漫画歴史に残る思い入れ深い作品になった。

なのでこれからこの作品とこの世界の更新が無くなってしまうのは寂しい。
どこかでずっと続くような気がしてたからずっと続いてほしかった。

けれどこの最終回に読者として祝福を送りたいし感謝を送りたい。
それは作者の藤巻先生だけじゃなくて登場人物全員に。
だって登場人物がいなかったらこんな感謝と祝福を持てなかったし。

今はまだそれ程溢れるような喪失感というのは起きていないんだけどこれから溢れてくる予感。
その感情に浸るのも悪くなさそう。



感想

275500
当然今までのように毎週黒子のバスケの感想も書かなくなるし私にはかなり影響しそう。
自分の中で水曜日の意味がちょっと変わるんじゃないかってぐらい。

私は1話から黒子のバスケを読んでいるから当時の気持ちも書いてみたい。
その時はブログの移転が済んでると良いなぁ。
そしたら新ブログにもお付き合いして頂けると有りがたい。


改めて藤巻先生長い間お疲れ様でした!
面白くて素晴らしい漫画でした。
この作品に出会えて楽しめたことを心から嬉しく思います。

スポンサードリンク