読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画オタクの辛口感想ブログ

漫画オタクが色々な辛口感想を書いていく自己満足ブログです。

GANTZ 全巻読破 感想 面白かったけどもう読みたくない

その他漫画

奥浩哉先生の長編漫画「GANTZ」を全巻読破した。
全体の感想をざっくりと書いていく。 
ネタバレ注意。

51NYG2LZQPL

スポンサードリンク
 



前にネットの試し読みかなんかで1話だけ読んだことがあってその時はそれだけでGANTZは読まずじまいに終わったんだけど今面白い漫画を探してて、ふいに突然思い出したから読んでみることにした。


ここで1話が読める。


一気に全巻読破した率直な感想としては「非常に面白かったけれど読み返したい作品ではない」


写生がえげつなくて容赦ない。
気分が悪くなってマジで酔うぐらい。

登場人物がメインキャラクター含めて次から次へと死んでいくから生き残るキャラクターが主人公以外全く予測が付かなかった。

まさかあのキャラクターが最後まで生き残るとは思わなかった。
モブ臭が半端なかったし。

正直に書くと私はキャラクターにはあまり魅力を感じない。
ライトノベルのような個性あふれるキャラクターではなく現実社会にも普通にいるような登場人物ばかり。
それが魅力なのかもしれないけど。


最終回はもう1話、後日談が書かれた方が良いと感じた。
元々ネットでの最終回の評価は低かったのは知ってたんだけど納得の内容だった。
この漫画はハッピーエンドは似合わない作品だったと思うよ。

本当あと1話書かれてたら違ってたかも。
吸血鬼とか伏線投げっぱなしで終っちゃったし。

長編漫画だから1話1話感想を書くことは不可能なんだけど(読み返したくないしめんどくさいから)全体を通して前半の方が面白かった。
後半はつまらなくなっていったってわけじゃないんだけど「うーん・・・」な出来。
悪い意味でスケールが大きすぎになっちゃったんだと思う。

前半は割と単純道楽漫画として読んでたんだけど後半は人間の尊厳について考えさせられた。
巨人たちがやっていることは人間が家畜にしていることと何も変わらないしそれが悪なのか?と聞かれるとはっきりとは答えられない。
地球人が拉致されてからのシーンとか特に気分悪くなったよ。


読んでて非常にハラハラしたし先が気になってしまう漫画であることは間違いない。
それでも読み返したくない。
1回読むんで十分だった。

それでも最終的には面白かったと本心から言える。
ので、読んでよかったと思う。

スポンサードリンク