漫画オタクの辛口感想ブログ跡地

漫画オタクが色々な辛口感想を書いていく自己満足ブログです。

黒子のバスケ 266話 ネタバレ感想 遂に俺司復活!!

黒子のバスケ266話「誰だお前」の感想を自分なりに書いていく。
ネタバレ注意。

赤司

9cd38b46.png
遂にずっと引っ張ってきた俺司が復活!
短髪赤司は僕司のイメージだから一人称が「俺」の短髪の赤司に違和感を感じるよ。

スポンサードリンク
 



973ca96c.jpg
前にコメント返信で

良く言えば偉大な父のもと、悪く言えば歪んだ家庭環境で育った赤司が無意識のうちに逃げ道を作った結果、僕司が作られてしまったのかもしれません。

と書いたんだけどその通りだったわけか。
俺司の方が主人格というのもさりげなく発覚したし後述するけど今週は非常に重要な回だと思う。


僕司も俺司も赤司の一部だから僕司が消えることはないだろうと思ってたけどそうすると赤司の二重人格にどう決着をつけるのかが分からない。
もしかしたら僕司人格は最終的に消滅してしまうのかもしれない。


53a6f32e.jpg
俺司はキセキの世代が僕司を倒してくれることを望んでいたらしい。
これは俺司と僕司は対立しているということなんだろうか?

どちらにしろ赤司は誠凛戦で敗北を味わうことで絶対に勝たなきゃいけないという強迫概念がなくなって精神的に楽になる、を超えて救われるんだと思う。
それが赤司の二重人格の解決道になるのかもしれない。


e5e28645.jpg
根本的な元凶は厳しい父親だったわけか。
思い返してみると父親にはいつも敬語で従順だったな…。
赤司家庭環境編なんて入る訳ないから誠凛戦後に父親に自分の本音を言って家庭環境が救われる、のか?


今週は一般的に見れば非常に恵まれた環境にある赤司の不遇さが書かれていて黒子のバスケ全話の中で赤司にとっては1番重要な回だと思う。
今週を見て帝光編を読み直すとまた違った感想が生まれそう。



9a33636b.jpg
五将ですら気づかない赤司の異変に洛山の中で一人だけ完全に気付いてた黛。
先週のヒキは赤司の異変をはっきりと感じ取っていたコマだったみたい。
やっぱり黛は賢いや。



なんか今週はずっと書かれてた伏線が遂に回収されて最後のコマの赤司のカッコよさもあって感動してる。

喜ぶのかショックを受けるのかそもそも驚くのか黒子の反応も気になるし来週が凄く楽しみ。

スポンサードリンク