漫画オタクの辛口感想ブログ

漫画オタクが色々な辛口感想を書いていく自己満足ブログです。

黒子のバスケ 1巻 感想 打ち切りにあっても驚かない

黒子のバスケ最終巻である30巻が発売された。
表紙が素敵で感慨深い。

黒子のバスケは1話から読んでいたけど本当こんな大人気漫画になるとは全く思ってなかった
当時の感想を思い出しながら書いてみる。


f:id:romarika:20160929175650j:plain

 

スポンサードリンク

 



黒子のバスケ 1 (ジャンプコミックス)




打ち切りになるか!?

当時リアルタイムで黒子のバスケ1話をジャンプで読んだときは、「私は面白いと思ったけど打ち切りにあっても全く驚かない」。
それが最初に思いついた第一感想だった。


黒子はジャンプ主人公らしく無いな、と無難に思ったし、火神はジャンプ主人公らしくキャラクター作りがされ過ぎててありがちで逆に魅力が無いと思った。

ただ1話を読んでた時から「主人公としての」黒子が押しつけがましさや説教臭さを全く感じられなくて新鮮で凄く好感を持てたので打ち切りにはなって欲しくないとは思ってた。

だからと言ってアンケートを送ったりするわけでは無かったけれど。
(私はどんなに好きな作品でも複数冊購入したりアンケートを大量に送ったりすることは絶対に無い人間)


1話読んだときはリコがヒロインで 黒子とくっつくのかと普通に予想したけど欠片もそんな事は無かった。


kurobasu2.png
良い悪いかは別としてリコは女性に媚びたような女性キャラクターだと、今でも思う。


主人公が地味な漫画だからなんか地味な漫画に感じちゃって前の号のジャンプで始まったマイスターと一緒に突き抜けそうだと思ってたよ。
(マイスターの主人公は押しつけがましさや説教臭さの塊)
予想が外れて心底良かった。
1週違いで始まったスポーツ漫画でここまでの差が付くとはね…。

この記事とは関係ないけどマイスターはAmazonレビューじゃ酷評されてるけど私はまぁ好きだった。
打ち切りは必然だったけれど。
1号違いで始まったスポーツ漫画なのに、随分と差が付いたものだ…。

マイスター 1 (ジャンプコミックス)




総勢誰だお前

cb1d848f.jpg
キセキの世代以外の他校キャラクターはモブキャラ同然で進んでいくのかと思ったけど笠松とかキャラクターが立っててそんな事なかった…って書こうとして、


0594cc4c.jpg
1巻を見直してみたら笠松以外の海城レギュラー陣の顔が明らかに今と違うわ。

黄瀬を除くレギュラーは全員2年以上だから1年がレギュラー入りしたから顔が違うというわけでもないし、この辺は笠松だけは最初から考えられていてその他は単純にまだ考えてなかったんだろう。


半分しょうがないけど読み直すとこういうの安っぽく見えちまう。
連載前なんて時間たっぷりあるんだからその辺もちゃんと考えておけば良いのに。

週刊で忙しい時期で生まれたであろうキャラクターの方が、魅力があるってどういう事よ?



同一人物?

見分け
この二人・・・、同一人物デスカ?

最初は火神と笠松の描き分けが微妙なことやユニフォームの色が頭に入ってなかったことから一瞬二人の見分けが付かなかったよ。
こう思った人当時は結構いたと思う。


この二人以上に誠凛2年は見分けが付かなくて名前や設定を覚えるのに結構時間が掛かった。



・この世界に存在するのか否か

kiseki.png
3話で黄瀬が登場した時は、黄瀬の事よりも短期打ち切りを疑っていたらキセキの世代5人が全員登場するかどうか疑惑の目で視てたよ。

この画像だと全員体格と髪形似てるなぁ…。
ラスボス赤司がセンターなのは総勢誰だお前状態からして偶然だと推測。


「キセキの世代には絶対に勝てない」というのはこの漫画の絶対の法則として描かれてるけど、当時はそれを分かってなかったし分からなかったし2巻で火神が「キセキの世代と同格のオンリーワンの才能を秘めている」、と書かれていたのもあってはっきり言って初期はキセキの世代の才能が全然感じられなかった。

ううん、1巻の時点じゃ描けて無かった。
それが分かるようになったのは作品と一緒にキセキの世代もぐんぐん成長していった、ということかな。



・画力上がりすぎィ!

f:id:romarika:20160702074613j:plain

当時はそんなもんだと思って特に何も思わなかったけど画力低かったなぁ。
今の画力上達後を見てから見ると本当しみじみそう思うよ。

この頃の絵柄も味があって良いと思うけど私はやっぱり画力上達後の方が好きだな…。
当然か。



・これこそキセキ

本当漫画って化けるわ。
どうなるか分かんない。
この黒子のバスケはNARUTOやデスノートのような1話見ただけで大ヒットの予感がするような漫画とは全く違う1話だもの。

黒子のバスケの化けっぷりは圧巻。圧倒。
キセキ。
キセキの世代以上にこれが正真正銘のキセキに私は感じる。



・ようやく書けた

この記事を書くのは時間が掛かった…。
1カ月以上掛かった。
普段の感想と違ってノルマが無いので急かされないからさ…。
(週刊誌の感想はどんなに遅くても1週間以内。それ以上は鮮度として許されない)

書いてみたら文字数があまりいかなくて四苦八苦しながら何とか書いた。
同時に書くと結構満足な感想が書けた。


次は好きなシーンランキングを書きたい。
うーん、書けるかな…。


黒子のバスケ 30 (ジャンプコミックス)




スポンサードリンク