漫画オタクの辛口感想ブログ跡地

漫画オタクが色々な辛口感想を書いていく自己満足ブログです。

こち亀最終回 前人未踏の40年休載無しを実現した伝説に残る漫画ここに完結!

本日2016年9月17日で週刊少年ジャンプで40年にも渡る長期連載を続けた秋本治先生のこち亀ことこちら葛飾区亀有公園前派出所が完結した。
最終回が掲載されたジャンプも単行本も読み終えてそして思ったことをネタバレ無しで自分の備忘録代わりに書いていく。

f:id:romarika:20160917192623j:plain

スポンサードリンク
 

f:id:romarika:20160917193402j:plain

こち亀というと今までずっと中盤に載っているのが普通だったからジャンプを読んでた巻頭カラーだったのはビックリした。


それで"ああ…本当に終わってしまうんだな…"とニュースを読んだ時だけでは思わなかった連載終了を再実感して切なくなった。


f:id:romarika:20160917192627j:plain

ジャンプ掲載版と単行本でオチが違って、ジャンプ掲載版の方が綺麗な終わり方なのもこのネット時代なら週刊誌版も永遠に残り続けると考えたことがなんとなく分かる。
(もう少し時間が経ったらオチの画像を貼るかもしれません)



f:id:romarika:20160917194224j:plain

こち亀は私が生まれる前からずっとジャンプで連載をしていてジャンプを買って読む度に必ず載っていて私にとってはそれが当たり前だった。
ジャンプで新連載が始まった時にこの漫画は好きだから打ち切られないで欲しいと思ったこともその逆にこの漫画は嫌いだから打ち切られてほしいと思ったこともなく、本当に当たり前にジャンプに載っていた漫画だった。

コンスタントに買っていたこち亀単行本の199巻を買った際も次は遂に200巻だと楽しみにしていた。
秋本先生は未だに原稿を落としたこともなくまだまだ漫画家としてのエネルギーに溢れているお方だからクレヨンしんちゃんの作者のように作者死亡や病気などで描けなくなったら連載終了するのかなと推測していた。
だから正直200巻で終わりになるとは全く予測もしてなかった。

私にとってこち亀は子供の頃から読んできた思い入れ深い漫画の一つ。
ギャグ漫画としては一番思い入れのある漫画かもしれない。
兄弟が90~100巻辺りをブックオフで買ってきてこっそり読んでいて、ギャグ漫画とかあまり読まない母までも読んでいて、家族で大喜びしながらこち亀を読んでいた。

子供の頃はくだらなくて面白いギャグ漫画としか思っていなかったけれど、大きくなってからは作者の圧倒的な知識量、そしてその一般人が話しても面白くないことを面白く分かりやすく伝える技能、それが分かってきてただのギャグ漫画じゃない、更に凄い漫画だなと思うようになった。
私はギャグ漫画が大好きで色々な漫画を読むけれど専門知識を面白く解説しているような漫画なんてほとんどないもの。

ギャグ漫画としてもキャラクターに溢れるエネルギー、思わず憧れてしまうよなキャラクター達のスゴ技、バトル漫画張りの迫力ある戦闘シーン、そしてギャグ漫画としての純粋な面白さ。
破天荒ギャグでありながら中川や麗子の金持っちぷりに安っぽさが無くて(最近は金持ち過ぎてあったけど)一週間で何兆円と動きながらもリアリティがあるスケールの大きさなどから誰にも真似出来ないギャグ漫画だったと思う。

正直130~140巻辺りはつまらなくなってたから"もうダメだ…こんな昔面白かっただけで連載枠一つ奪うクソ漫画打ち切れや…"と思ったことも正直あったんだけど最近は再び面白くなったから連載終了は本当に残念。下に続く。

スポンサードリンク
 



f:id:romarika:20160917192621j:plain

ヘタレだから結局何もしないままで終わってしまったけど株を始めたいと思ったときに148巻の両さんが株取引をする回は勉強になった。
こち亀が存在しなかったらフェラーリやポルシェ、アウディ、ポンコツパナールといった名車を未だに知ることないままだっただろう。
本当にそこらへんにあるただ笑えるだけのギャグ漫画じゃなかった。


それだけではなくスケジュール的に非常にハードな週刊連載漫画で40年にも渡る長期連載で一度たりとも休載なし、というのは前人未到の神業だからもう永遠に出てこないかもしれない。

なのでこち亀最終回は本当に切ない。
ずっと永遠に当たり前のように連載し続けるものだと錯覚していた。
でももし作者死亡での最終回を迎えることになったら今以上に激しくショックだっただろうし、本当に凄くてきっと誰にも真似出来ない200巻というキリの良い数字で終わるというのは有終の美だと今は思う。

一読者としてこち亀と出会って、人生で興味ないまま知らないまま終わっていたであろう色々なことを教えて貰って楽しい気分を沢山もらって本当に幸せだった。

秋本治先生40年にも渡る長期連載本当にお疲れ様でした。

スポンサードリンク