漫画オタクの辛口感想ブログ跡地

漫画オタクが色々な辛口感想を書いていく自己満足ブログです。

大阪城に行ってきたら見た目が一番だった

大阪旅行二日目はベタに大阪を象徴するであろう大阪城に行ってきた。
母曰く小学2年生の時に行ったことあるらしいけど色々な城とごっちゃになってほとんど覚えてないから自分の感覚的には初めて行った大阪城。
行く際には注意すべき点と自分が思った所も書いてみる。

f:id:romarika:20160608022429j:plain

スポンサードリンク

 



f:id:romarika:20160608020725j:plain
まず私の行く手を阻むべく現れた超階段!!
「おっふ…」ってなった。
この階段は見ての通り段数が多くて上るのには苦労するけど、走って何往復もしている人が何人もいた…。
しかも早くてスタスタ上っていく。
こんな階段でランニングするなんて元気いっぱいだなーと感心した。



f:id:romarika:20160608020738j:plain

途中からは地図を見なくても人の流れで大阪城へのルートが分かるように。

そして困った点が一つ発生。
まだ5月だっていうのに暑くて暑くて
汗がダラダラ止まらない。何をしていても暑い。
こんなに暑いのに行くまでのルートは日陰が少なく直射日光に当たる所ばかり歩くことになって。
ペットボトル1本200円という観光地価格にも関わらず買わずにはいられなくて。
事前に買っておけば良かった。
1本100円の自販機も結構あったのに。
これが注意点①!

日傘を持って行ったんだけど大正解だった。
まだまだドンドン暑くなっていくんだからこれから行く予定の人は「日傘なんてババアがするもんだろーが」とか馬鹿みたいにカッコつけてないで男女関係なく本気で日傘持って行ったほうが良いよ、大阪城内は涼しいけどそれまで結構歩かされるから!
これが注意点②。



f:id:romarika:20160608044710j:plain

大阪城に入る際に通ったお堀。
小さなボートが泳いでた。



f:id:romarika:20160608044238j:plain
大阪城が見えた時は凄く立派でテンションが見事に上がった!



f:id:romarika:20160608045808j:plain

間近で見た大阪城は遠目から見るよりもずっと立派だった…。
どーんって模擬音が似合うように大変ご立派な見た目。
記念撮影。見るだけでなんか幸せな気分になれるよ、これ。

※入場料はアクアライナー代を含めて2000円。
大阪城だけなら大人600円、中学生以下はタダ。

大阪城は白人観光客と中国人(多分)観光客が多かった。
私の家の周りでは分かる限りでは外人はほとんど見かけないから訪日外国人2000万と言われても全然ピンと来なかったけど本当外人がいっぱい。
日本ってこんなに外国人観光客来てたんだな…。観光大国ニッポン!



f:id:romarika:20160608013912j:plain
大阪城の入り口。中々立派。
5階までは階段かエレベーターどちらか選んで行くんだけど当然私はエレベーターを選択。
5分ぐらい待ったかな。
2機しかないのにエレベーターの中は案外狭くてキャパシティに合ってない作りだった。




f:id:romarika:20160608013940j:plain
f:id:romarika:20160608041956j:plain
5階からは階段で8階の天守閣まで登る。
天守閣からの眺め。
転落防止用の網が若干鬱陶しいけれど遠くまで見渡すことが出来て気持ち良かった。
観光客として上から見るだけの私でも気持ち良いんだから、権力を手にした昔の人にとってこうやって高いとこから人を見下ろすのは本当に気持ちいいことだったんだろう。



f:id:romarika:20160608041805j:plain

大阪城は撮影禁止の階が多くてそんなに写真は撮れなかった。
内観は天守閣を除けば大阪城博物館というだけあってお城というよりそのまんま博物館で社会見学中の小学生と幼稚園児がウヨウヨいてその子たちを優先してあげなきゃいけないからあんまり見れないしであまり面白くなかった。
そして大阪城は見た目が一番立派だと私は思った。

 



f:id:romarika:20160608015613j:plain
私が大阪城出る時にはエレベーターに乗るためにこんなに並んでた。
若い人は階段で上がれば良いのに、とブーメラン発言をしてみる。
平日でもこんなに並ぶなんて休日や祝日はどれだけ並ぶんだろうこの暑い中。
ブンシャカことガチクズの上地雄介さんのイベントみたいに水300円で売れば儲かるかも…なんて。



f:id:romarika:20160608020657j:plain
立派なお塀。
機械の助けがある現代日本の技術力でもこれ作るのは大変だろうと思うのに当時の技術でこんな巨大な堀作るなんて本当に凄い。
よくこんなの作れたなぁ…。
そしてその労働を考えると若干恐ろしい、気が遠くなる。
私だったら絶対作業に関わりたくねぇ~。




 大阪水上アクアライナー編に続く!

スポンサードリンク