読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画オタクの辛口感想ブログ

漫画オタクが色々な辛口感想を書いていく自己満足ブログです。

極黒のブリュンヒルデ 作者の岡本先生に伏線を回収する気があったのか聞いた結果…

極黒のブリュンヒルデ

大量の伏線や謎が投げっぱなしで終わった極黒のブリュンヒルデ。
その作者である岡本倫先生にTwitterで「伏線を回収する気があったのか?」を聞いてみた。

f:id:romarika:20160926035924p:plain

 スポンサードリンク

 




まずこの質問が前提。
ここまでの伏線投げっぱなしの終わり方でありながら「入れたかったけど入らなかった話とかはひとつもない」と言い切ってしまっている。
タリスマンなどの伏線が最初からする気がなかったのか。


→ スルー
3日後に再質問。


→ またもや完全スルー


岡本先生は私の質問に対して前に作中の内容についての質問には答えない姿勢を見せている。
だから今回も作中の内容ではなく作者の考えについて質問したのに完全スルー。
他の人のリプにはどうでもいいことでも返信しているのに私の質問には答えない。
よって読者内でも騒がれる「伏線を回収する気」があったのかどうかすらも分からないまま。

極黒のブリュンヒルデの終わり方の酷さから考えて最初から返信には期待してなかったけどこれで「自分に不都合な質問には答えない」という姿勢が更に明らかになった。

あれだけの伏線投げっぱなしの終わり方で「入れたかったけど入らなかった話とかはひとつもない」、その上で私の質問にも答えない。
打ち切りならばともかく、この終わり方と質問完全スルーの態度は読者を馬鹿にしている。

本当に本当にあんな終わり方で良いと思ったの?
あんな終わり方で読者が満足出来ると思ったの?
回収出来なかった伏線に不満が出ないと思ったの?

作者にここら辺のことを逃げずに直接聞きたい気分だ…。

スポンサードリンク